使用目的は無限大!名古屋におけるバーチャルオフィス

バーチャルオフィスを借りる目的は、会社設立や新たにオフィスを開設する際、初期費用を節減することにあります。名古屋においても一般的な事務室を借りる場合であれば、保証金や礼金、前家賃などで半年から1年分の賃貸料に相当する経費が必要となります。さらには電話やFAX、インターネット環境を整えるとなると大きな経費が必要となります。 経営者の立場からすれば、会社の経営が軌道に乗るまでは手持ちのお金はできる限り残しておきたいと考えますから、敷金などの経費を最小限に抑え、尚且つビジネス街の一等地に会社の住所が持てることは、商談相手に与える印象も異なりますから大きなメリットがあります。さらに、最近では様々な付加価値サービスが選択できるようになりましたから、業務形態によっては恒久的にレンタルする会社も少なくありません。

バーチャルオフィスの利用目的が多様化しています

インターネットの発達により、自宅に居ながら完遂できる仕事もたくさん出てきました。ネットショップもその一つですが、自分で会社を立ち上げる場合には会社登記が必要となり、サイト上にその住所を明記する必要があります。もしも架空の住所を明記してしまうと、特定商法取引違反になってしまいますから注意が必要です。 しかしながら、自宅をオフィスとして使っている場合、個人情報漏えいの観点から、自宅の住所を公開したくない人も少なくありません。こういった場合、格安で住所や電話番号をレンタルできることは大きなメリットです。このように業務形態が多様化することによって、オフィスの在り方も多様化しており、名古屋では単に会社設立時のコスト削減だけでなく、恒久的なオフィスを目的とした利用も増えているのです。

バーチャルオフィスの付加価値サービスが多様化する理由

これまでは、ビジネス街に住所を持つことが最大のメリットであったため、業務スペースを持たないことが基本とされており、付加価値サービスといっても、郵便物やFAXの転送サービス、電話代行サービス、来客対応サービスなどが一般的でした。 ところが、様々な業務形態を持つ会社が増えたことにより、利用目的が多様化するにつれ、様々な要望がユーザーから寄せられるようになり、例えば1か月のうち数日間だけ事務スペースをレンタルできたり、簡易な会議室を設けているものも出てきました。さらには、軽食がとれるコミュニティスペースを常時開放しているものもあり、さらにその利用目的を拡大しています。名古屋には様々な形態の会社が、数多く設立されていることから、今後、ますます需要が大きくなることが予想されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加