名古屋のバーチャルオフィスを利用するメリットとは?

会社設立の中では会社の住所を定款に記載しておく必要があります。オフィスを利用している人にとって、定款の中で定める本店住所はオフィスの住所を利用すれば良いのですが、自宅が仕事場などの時に会社の住所を自宅にする事に抵抗を感じる人も少なくありません。法人化する事でホームページで会社のアピールを行いたい、会社概要内には自宅の住所を記載する必要が出て来ます。 バーチャルオフィスは住所だけを貸して貰えるサービスもあります。名古屋などの場合は有名な場所、人気の高いオフィスエリアの住所を借りる事が出来るメリットがあります。但し、住所は自分の会社だけではなく他の会社も同じ住所になる事を把握しておく必要があります。特に設立登記では同一住所内で重複する商号での設立登記が出来ないので注意が必要です。

借りる事が出来るのは住所だけではありません

バーチャルとは架空などの意味を持ちますが、バーチャルオフィスは架空のオフィスであり、現実に存在しているのは住所などの情報だけになります。名古屋の一等地にオフィスを構えたい人などからの人気を集めている理由は住所をリーズナブルな値段で貸して貰えるからです。仕事場は別の場所にあるので住所だけを貸して貰えれば良い人などからの注目が集まっているわけです。 こうしたサービスを提供する会社の中にはオフィススペースを持つレンタルオフィスのサービスを提供しているケースも増えています。住所だけではなく仕事場も必要などの時、月額費用が安いレンタルオフィスを利用すれば経費の節約にも繋がります。また、こうしたサービスは住所だけを借りている人にもフリースペースとして提供しているケースもあるなど、仕事場を一時的に確保したい時などにもメリットがあります。

電話転送サービスや秘書サービスも便利なサービスです

名古屋でバーチャルオフィスのサービスを提供する会社の中には住所貸しだけでなく、電話転送サービスや秘書サービスなど魅力的なサービスを用意しているケースが多くなっています。電話転送サービスは予め登録してある電話番号に客先などからかかって来た電話を転送してくれるサービスです。外出が多い場合など電話に出る事が出来ない時などは携帯電話などに転送して貰えばいつでも対応が取れるメリットがあります。 秘書サービスは専属秘書によるビジネスサポートを受ける事が出来るサービスです。一人で起業した人や会社を設立した時など自分以外の秘書スタッフが電話の対応、顧客がオフィスに来社した時の対応などを代行してくれるメリットを持ちます。また、フリースペースや貸し会議室を利用出来るプランを用意している会社も増えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加