名古屋のは様々な種類のバーチャルオフィスがあります。

バーチャルオフィスと言えば、新たに事業を行う際に低コストでビジネス街の住所を取得し、法人登記などに使用することで知られていますが、会社の形態や業務内容が多様化することによって、その種類も増えて来ています。名古屋は、東京や大阪に次いで様々な業種の事業者がひしめき合っている都市ですが、ここでも様々な種類のものが出て来ています。 例えば、1か月のうちに何日間かだけ事務スペースをレンタルできることなどは、これまでには考えられなかったサービスでしたが、現在では数多く導入されています。したがって、これまで利用してこなかった事業所においても従来の固定観念を捨てて、各社のサービス内容をチェックしてみれば、非常に便利で有益なサービスを見つけることも可能です。

バーチャルオフィスが普及した背景とは

このサービスが出てきた背景には、インターネットビジネスの普及が大きく影響しています。例えば名古屋において店舗を開設するためには、これまでであれば立地の良い場所に建物をレンタルして、別に商品を保管する倉庫を借りるなどの手間や経費が必要でしたが、ネットショップであればインターネット上に店舗を構えておけば建物をレンタルする必要はありませんから、商品の保管スペースさえあれば問題ありませんでした。しかも、インターネットであれば日本中に顧客を持つことができるのです。 しかしながら、法人登記をするためには会社の住所が必要であり、自宅の場合だと個人情報の観点から問題があるということで、このサービスは生まれました。したがって、事務スペースの必要はなく郵便物や電話の転送サービスだけで十分対応できたのです。

バーチャルオフィスの種類が増えている理由とは

最近、インターネットビジネスは、その種類が大きく増えており、従来のネットショップだけでなく、アプリの開発やweb制作など多岐にわたります。こういった仕事はオフィスがなくとも自宅でも十分にできるものであり、ビジネス街の一等地にオフィスは必要としません。しかしながら、新たに会社を設立した場合、会社の信用という観点からビジネス街の住所は必要であり、会社組織として活動する以上、ミーティングや打ち合わせの機会は必要です。 そこで、名古屋では月に何日間かは格安でレンタルできるオフィスが必要となったのです。さらには、応接室や軽食が可能なコミュニティースペースの設置などの新しいサービスも続々と出てきており、今後、ますます使い勝手の良いサービスに進化することが期待されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加