名古屋のバーチャルオフィスはサービスを比較しよう

名古屋で起業する人の中には仕事場を自宅に持ち、設立登記のためにバーチャルオフィスを利用する人も少なくありません。住所だけを利用したい人にとって魅力的なオフィススタイルなどからも注目を集めています。借りる事が出来るのは住所や電話番号などが基本となりますが、設立登記で利用出来る会社もあれば、費用が別途必要になる会社もあるため、事前にサービス内容について確認しておく必要があります。
また、借りる事が出来る住所は、利用者が共有するものです。会社の設立登記の中では類似商号調査は不要になっています。但し、同一住所に同じ社名の会社として設立登記を行う事が出来ないなどの基本的な条件があります。サービスを利用する会社は同じ住所になるため、同一社名の会社の有無を確認しておく必要があります。

設立登記で利用する時の注意点について

名古屋は東京や大阪などと同じくビジネス拠点としての役割を持つエリアです。このエリアで会社設立する人も多いかと思われますが、設立登記には会社の本拠地となる住所を定款の中で定める必要があります。高額な家賃を支払う事が出来ない、自宅を職場にしているけれども自宅の住所で定款を定めたくない時に利用出来るのがバーチャルオフィスの魅力と言えましょう。
会社設立登記で利用出来るサービスを提供している会社が多くありますが、設立登記の中で定める事が出来る住所は既に存在している会社が同一住所にある場合には別の社名で登記をしなければならない事を把握しておく必要があります。また、設立登記の場合は別途費用が必要になる会社もあるので設立登記で利用する時には事前に調べておくようにしましょう。

フリースペースや貸し会議室のレンタルサービスもあります

名古屋のバーチャルオフィスの中には単に設立登記で住所や電話番号を貸して貰えるだけでなく、サービスを提供する会社が用意している貸し会議室やフリースペース、ファックスやコピー機などのOA機器レンタルサービスを利用出来る会社もあります。
顧客との商談の時などは貸し会議室が利用出来ると便利ですし、合同会社などを設立した時などは代表社員同士の会議を貸し会議室を利用して行う事が出来るなどの魅力もあります。また、フリースペースは仕事を行うスペースとして利用出来るサービスになっています。フリースペースは他の会社の人々も活用しているなどからも新しいビジネスパートナーの発掘をする時にも便利です。更に、電話代行サービスや秘書サービスなどを利用出来る会社もあるので比較がお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加